江戸川運輸施設協同組合
組合の現況
沿革・事業内容
組合の組織
理事長より一言ご挨拶
組合員名簿
アクセス
組合の行事など
協 友 会
二世の会
a
a
a
a
a
リ ン ク 集
a
http://www.edokyo.or.jp/mobile.html  携帯サイト用 
QRコード
 軽油価格情報

 

 理事長より一言ご挨拶

 私ども江戸川運輸施設協同組合は、おかげさまで、
設立から36年を迎えることが出来ました。
これも偏に関係各位をはじめ組合員の深いご理解と、
ご協力の賜物と心より感謝申し上げます。
 当組合は、昭和46年1月、急速に発展する社会情
勢の変化に対応し、近代化を図ることを目的に貨物
運送事業の施設を設け「江戸川中央親睦会」として
発足したのが始まりです。
 以降、研究会、講習会を重ねたうえ、昭和47年2月
9日「江戸川運輸施設協同組合」を設立 。
江戸川区西一之江2丁目85番地に組合事務所(組合
員16社・出資金960万円)を開設しました。
その後、同地に組合会館を建設し、給油スタンド等の設
備を整え、組合事業の拡大を図ってまいりました。
 しかし、当時は組合員の会社や車庫・倉庫等が住宅
地に散在しているため、周辺への公害が問題となり、集
団移転を決意し、東京都並びに江戸川区の指導を受け
公害防止事業団建設譲渡事業(現在の環境事業団)と
して許可を取得、昭和59年10月現在地に施設(土地
約33,000u・建物延面積約15,000u)の建設・移転
を完了いたしました。
 この移転を契機として組合員は一層の業績の向上に
精励し、設備面に於いても、折からの日本経済好環境の
もと、団地内に倉庫・冷凍庫などの新増設を積極的にす
すめ、営業基盤の拡充と安定化に努めてまいりました。
 この他、平成2年8月には、深刻な人手不足の解消を
目的として、組合員の従業員に対する福利厚生面を充実
させるため、団地内に従業員用の宿舎「パークサイドビル」
を建設いたしました。
 このように当組合は、設立以来 常に意欲を持って積極
的に取り組み幾多の試練を克服して今日に至っておりま
すが、これからの運送事業を取り巻く諸情勢は極めて厳し
いものがあり、大変困難な時代を迎えつつあります。
 私たち組合員一同は、一致団結して組合発展のために
邁進する所存でございますので関係各位の倍旧のお引き
立てを賜りますようお願い申し上げまして、ご挨拶とさせて
いただきます。


             平成22年6月

             代表理事  油 井 健 一